109(イチマルキュウ)

ネーミング&ロゴ制作

「109」は「イチマルキュウ」と読み「トウキュウ」(東急)とは読まない。この「109」の意図したところは多様性に富み、特定業種の意をもたないイメージネーミングで記憶性が高いこと、個性的で視認性に強いことなどであった。
 渋谷の「109」は、オープンのころはファッションコミュニティー「109」と称してスタート。今では若い女性の流行の情報発信地といわれるように全館、ファッションの店舗が勢ぞろいしている。自己流のアレンジがスタイルを生み自分表現を楽しむという、その新しいパフォーマンスは全国に広がり、渋谷発の流行を“奏でる”ようになった。今ではSHIBUYA「109」と改め、渋谷街のシンボル的な存在になっている。
(上毛新聞 2008.12.28掲載「視点 オピニオン21」から)


▽ 鳥越修治「主な実績」メニュー ▽


CIの制作(コーポレートアイデンティティ・統一デザイン)




その他のロゴ・マーク